首・腰の後遺障害 / 交通事故に強い大阪 枚方の古山綜合法律事務所

  • 072-800-1522
  • お問い合わせ

首・腰の後遺障害

むちうち(頸椎捻挫)、腰椎捻挫とは

むちうちとは、追突事故などの衝撃で首がムチのようにしなることから、そう呼ばれています。診断書では、頸椎捻挫や外傷性頸部症候群と記載されることが多いです。また、腰も圧力がかかることで、首と同じように痛みやしびれが生じます。この場合、腰椎捻挫や外傷性腰部症候群と診断書には記載されます。

むちうち(頸椎捻挫)、腰椎捻挫の等級認定

等級 後遺障害
12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号 局部に神経症状を残すもの

むちうち(頸椎捻挫)、腰椎捻挫の認定のポイント

12級13号に該当するには、他覚的所見の有無が重要です。具体的には、画像から神経圧迫の存在が認められ、圧迫されている神経の支配領域に知覚障害などの神経学的異常所見が確認できることが挙げられます。

他覚的所見がない場合は14級9号を目指すことになりますが、簡単には認定されません。事故の衝撃の大きさ症状が一貫していることなどを証明していくことになります。

まずは無料相談をご利用ください
  • 0728001522
  • メールによるお問い合わせ