鼻の後遺障害 / 交通事故に強い大阪 枚方の古山綜合法律事務所

  • 072-800-1522
  • お問い合わせ

鼻の後遺障害

鼻の後遺障害の種類

鼻の後遺障害は、大きく分けて以下の2つがあります。

① 鼻の欠損と伴う機能障害

② 鼻の欠損を伴わない機能障害

鼻の欠損

鼻の欠損とは、鼻軟骨部の全部または大部分の欠損をいいます。欠損が鼻軟骨部の全部または大部分に達していない場合でも、外貌の醜状として後遺障害が認められることがあります。

鼻の欠損があり、鼻呼吸困難または嗅覚脱失がある場合は、後遺障害として認められます。

鼻の障害の等級認定

等級 後遺障害
9級5号 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの

鼻の欠損を伴わない機能障害

鼻呼吸困難や嗅覚脱失、嗅覚の減退に関するものです。嗅覚脱失や嗅覚の減退はT&Tオルファクトメータによる基準嗅力検査で判断しますが、嗅覚脱失の場合はアリナミン静脈注射(アリナミンFを除く)による静脈性嗅覚検査でも構いません。

鼻の欠損を伴わない機能障害の等級認定

等級 後遺障害
12級相当 嗅覚脱失
12級相当 鼻呼吸困難
14級相当 嗅覚の減退

鼻の後遺障害の認定のポイント

静脈性嗅覚検査を行う場合にアリナミンFを使用されることがありますが、自賠責保険の認定では資料とされないため注意が必要です。

また、頭部外傷を原因とする嗅覚脱失や嗅覚の減退は、障害と交通事故との因果関係を立証するため、脳神経外科や神経内科での受診が必要となります。

まずは無料相談をご利用ください
  • 0728001522
  • メールによるお問い合わせ