交通事故直後 / 交通事故に強い大阪 枚方の古山綜合法律事務所

  • 072-800-1522
  • お問い合わせ

交通事故直後

今の状況を教えてください。

  • 交通事故直後
  • 治療中
  • 治療費打ち切り症状固定と言われた
  • 後遺障害認定を受けた
  • 示談金の提示を受けた

「警察への正しい届出」と「適切な治療計画」が大事です!

  • メールでのお問い合わせ

加害者や目撃者の連絡先を確認して、まずは病院へ

image

まずは、加害者の氏名や連絡先、勤務先を確認しましょう。事故状況について食い違いが出たときのために、目撃者がいるときはその方の連絡先も聞いておくことをおすすめします。
事故からしばらく経ってから痛みが強くなることもありますので、身体に違和感があるときは我慢せず病院に行きましょう。事故から通院するまでに期間が空いてしまうと、事故による症状なのか争いになってしまうおそれがあります。

警察へ人身事故として届け出をして、実況見分に立ち会う

image

事故でお怪我をされたときは、必ず人身事故として届け出をしてください。物件事故としてしまうと実況見分調書などの資料が手に入らなくなり、事故状況などでトラブルになる可能性があります。
また、ご自身の言い分を調書に記載してもらうために、実況見分に立ち会いましょう。警察で話したときに作成される供述調書は、取り寄せができないこともあります。

当事務所に相談して適切な治療計画を立てる

image

完治または症状固定までの間、治療に専念することになります。症状固定の相談や後遺障害診断書の作成など、病院選びは特に重要ですので、合わないと感じたり不安を覚えたりする場合は、早めに他の病院へ変えてください。
また、骨折ぐらいしか分からないレントゲンだけでなく、MRIも医師に相談することをおすすめします。後遺障害を判断する際、画像所見の有無が重要になるからです。
事故直後に適切な治療計画を立てないと、あとになって不利益を受けるおそれが出てきます。交通事故案件を得意とする当事務所が、後遺障害等級の認定や示談交渉などあとを見据えた適切な治療計画をサポートいたします。

まずは無料相談をご利用ください
  • 0728001522
  • メールによるお問い合わせ