後遺障害等級14級を獲得して450万円以上の賠償を受けた事例 / 交通事故に強い大阪 枚方の古山綜合法律事務所

  • 072-800-1522
  • お問い合わせ

解決事例

  • case.3

    交通事故
    後遺障害等級14級を獲得して450万円以上の賠償を受けた事例
    • 465万円

    • 頸椎捻挫、右肩打撲、末梢神経障害

    • 14

    当方:普通乗用自動車に乗車

    相手方:普通貨物自動車

    道路:交差点手前

    態様:信号待ちで停車していたところ、相手方の自動車がスリップして当方の自動車に追突

    解決方法:示談

相談概要

事故態様

本件のご依頼者様であるAさんは、車を運転して赤信号で停車していたところ、後方で急ブレーキによってスリップした相手方の運転する自動車に追突される事故に遭いました。

事故によりAさんには様々な症状が出てしまい、特に頸部痛と右手の握力低下に悩まされることになったのです。

相談内容

Aさんはケガを治すため通院を続けながら、保険会社とのやりとりを行っていました。

ところが、保険会社との電話によるストレスからうまく話せなくなるほど、Aさんは精神的に苦しい状態となりました。さらに、保険会社が治療を打ち切るよう圧力をかけてきたため、Aさんは治療の継続と適切な後遺障害の認定を希望して、当事務所にご相談に来られました。

解決までの流れ

まもなく保険会社は治療費の支払いを打ち切りましたが、Aさんは当事務所の助言のもと通院を継続して充分な治療を受けることができました。

そして、Aさんの後遺障害が適切に認められるよう当事務所が後遺障害診断書をチェックするとともに追加資料なども用意して申請を行った結果、Aさんは後遺障害等級14級を獲得できたのです。

その後、保険会社と粘り強く交渉し、打ち切られた後の治療費を含め450万円以上の賠償を受けることができました。

当事務所のコメント

保険会社が治療費の支払いを打ち切っても、その後の治療費も保険会社から賠償を受けられることがあるので、治療継続を容易に諦めないことが大事です。

また、適切な後遺障害等級が認められるためには、後遺障害診断書が適切に記載されているかチェックすることはもちろん、被害者の身体状況を正確に把握できるようほかにも充分な資料を揃える必要があります。

充分な治療や適切な後遺障害認定を受けることは被害者にとって非常に重要なことですので、すぐに諦めず交通事故に強い弁護士へ相談しましょう。

その他の事例

まずは無料相談をご利用ください
  • 0728001522
  • メールによるお問い合わせ